自分のお部屋を居心地よく暮らす為に出来る事

暮らしにフィットするインテリアそのデザインを考える

家具の買い方

お店を巡って探す時代からインターネットの時代へ

欲しい家具があってもそれが早急に必要ではない場合にはうまくそれを格安で手に入れる手段を考えます。その一般的な方法としてとられてきたのが、新品であることを期待するなら家具屋を巡って在庫処分品を探したり、アウトレット品を探したりするという方法です。中古で構わない場合にはリサイクルショップを巡るのが一般的な方法でした。 しかし、最近では通販によって格安品をより手に入れやすくなってきています。輸送コスト等の削減のために家具屋が在庫を実店舗におかないことも増えてきたことから、通販で在庫処分を行ったり、アウトレット品の処分を行ったりすることが増えてきたためです。これを活用すると店を探しまわる必要がなくなり、ユーザーとしても探し求めている家具を見つけ出しやすくなってきたのです。

通販市場の拡大と中古家具の市場への影響

インターネットが各家庭に普及したことも合って、通販市場がこれからも拡大していく可能性が高いでしょう。在庫処分品、アウトレット品といった格安の家具はほとんど店頭に並ばなくなり、新製品との分離が行われていくと予想されます。 一方、同じ格安品でも中古品に関してはその市場が通販にとって変わられることはなく、実店舗との共存が進められていく可能性が高いでしょう。これは、アウトレット品以上に中古品は劣化の具合等が価格や購買意欲に影響してくることが多いためであり、実際に実物を見て購入したいという需要が高いと想定されるためです。しかし、実店舗を伴わないことによってさらに格安になることも期待できることから、実物を見ずとも中古品を買いたいという需要もあり、両者が共存していくと予想されるのです。